VIOの自己処理方法!ツルツルにする正しいやり方は?必須グッズ・手順も紹介

VIOの自己処理方法!ツルツルにする正しいやり方は?必須グッズ・手順も紹介

「VIOの自己処理って、何から手を付ければいいの?」

皮膚が薄くて傷つきやすいデリケートゾーン。間違ったやり方で自己処理するとかゆみ黒ずみの原因にもなりかねません。

そこで今回はVライン・Iライン・Oラインそれぞれをお手入れする手順を詳しく解説していきます。

  •  これからVIO脱毛を考えている人
  •  日常生活でVIOのお手入れをしたい人

上記に当てはまる人は必見です!

VIO自己処理前に用意すべき必須アイテム3つ!

VIOの自己処理に必須なのは以下3つのアイテム。

  •  はさみ、ヒートカッター
  •  顔用電気シェーバー
  •  保湿クリーム

以下でこれらのグッズの説明をしていきますね。

剃りやすくするために!はさみ・ヒートカッター

ヒートカッターがおすすめ

シェーバーで剃る前に必要なのがハサミヒートカッター

指でつまめるくらい毛が長い方は、シェーバーで剃ろうとすると引っかかってしまうので必ずこれらでカットしましょう。

ツルツルにする場合はどちらにしろ全剃りするのでハサミでもいいですが、形を残して整える場合はヒートカッターがおすすめ。

毛を焼き切るので毛の断面が丸くなり、チクチクとかゆくなるのを防げます。

肌への負担軽減!顔用電気シェーバー

顔用電気シェーバー

VIOの自己処理に顔用電気シェーバーをおすすめする1番の理由は肌に優しいこと

またヘッドが小さくI・Oラインの細かい部分も剃りやすいので、失敗しにくいのです。

そして通常の「〇枚刃」といった身体用のカミソリみたく刃の間に毛が詰まらないためお手入れも簡単

刃が細かく、剃り残しも減らせるのでVIOのシェービングには非常におすすめです。

処理後の乾燥を防ぐ!保湿クリーム

保湿クリーム

自己処理のあとは保湿クリームを塗りましょう。

デリケートゾーンは敏感なので、なるべく低刺激なものが理想。

クリームでなくても乳液オイルなど保湿できれば大丈夫です。

最後に保湿するだけで自己処理後のチクチクかゆみを抑えられるので必ず準備しておいてくださいね。

VIOの自己処理に家庭用脱毛器を使っても良い?

VIOの自己処理で家庭用脱毛器を使うのは基本的にはOKです。

Vラインはほぼ問題なく使用できます。ただIラインやOラインの粘膜部分の照射はしないように気をつけてください。

VIOはかなりデリケートな部分なので説明書をしっかり読んで安全に使用しましょう。

デリケートゾーンのセルフ脱毛におすすめの家庭用脱毛器は「脱毛ラボホームエディション」です。

脱毛ラボホームエディション

脱毛サロンの脱毛ラボが開発した家庭用脱毛器で、脱毛サロン級のパワーでの照射が可能です。

日本人の肌に合わせて開発された肌に優しい脱毛器で、クーリング機能も搭載されているため痛みも少なくデリケートゾーンの脱毛にはオススメです。

今ならクレジットカードなどのキャッシュレス決済で通常価格の5,000円OFFになり、59,980円で購入できます。
6万円を切ってしまう超安値なので、この機会を逃さないようにしたいですね。

クリックはこちら
脱毛ラボホームエディションの
公式サイトはこちら
分割払いなら月々2,708円で購入できます。

Vラインの自己処理方法

Vラインはツルツルにする場合と毛を残す場合で自己処理のやり方が異なります。

―Vラインをツルツルにする人―

  •  パイパンにしたい人
  •  VIO脱毛で毛量を減らしたい人(1~3回目)

―Vラインの毛を残す人―

  •  好きな形に整えたい人
  •  VIO脱毛で毛量を減らしたい人(4回目以降)

Vラインを処理するときはデザインに関係なく、股関節の近くまで処理しやすいように安定したところに座って処理しましょう。

ここではツルツルにする手順と、毛を残す手順それぞれ紹介していきます。

Vラインをツルツルにするやり方

ステップ1:Vライン全体の毛をハサミで1~1.5cmまでカットする

ハサミでカット
全剃りする場合は剃る範囲が広いので、始めにハサミまたはヒートカッターでVラインの毛を1~1.5cmくらいの長さにカットします。

VIOの毛は縮れていてカットしにくいので、毛を上に引っ張りながら切るのがコツです。

ステップ2:顔用電気シェーバーでVライン全体を剃る

顔用電気シェーバーで剃る
Vラインの毛を短く整えたら、次は顔用電気シェーバーで剃っていきます。

シェーバーを肌の曲線に沿わせながら剃るのがコツ。

毛並みに逆らって剃る方がよく剃れますが、肌が傷つくので1回だけにしてあとは毛並みに沿って剃るのがいいです。

股関節付近の肌は特に、傷つくと毛嚢炎ができやすいので気をつけてくださいね。
※毛嚢炎:毛穴に雑菌が入り込み膿んでしまう炎症

脱毛前の自己処理は当日に剃ると肌が荒れてしまう恐れがあるので、施術の1~2日前に行ってね。

ステップ3:自己処理後は必ず保湿クリームを塗る

保湿は必須
毛を剃る工程を終えたらしっかり保湿していきます。

自己処理後の肌はデリケート乾燥しやすくなっているので、保湿はとても大事です。

処理した部分からその周りまで入念に塗りこみましょう。

Vラインの”毛を残す”やり方

ステップ1:残したいVラインのデザインを決める

デザインを選ぶ

Vラインのデザインは全部で5種類。

その中でも1番人気があるのは自然体に近い逆三角形たまご型です。

1度脱毛完了するともとの自然な形には戻らないので、あとから後悔しないようによく考えましょう。

VIOの基本情報まとめ

【VIO脱毛の基礎知識】後悔しない?形(デザイン)や自己処理の方法、料金相場まで紹介

2019.04.22

ステップ2:残す部分の毛を1.5~2cmくらいにカットする

カットする

なりたいVラインのデザインを決めたら、次は長さを整えていきます。

Vラインの毛を残す場合、見た目的にも機能的にも1.5~2cmがベストな長さ。

毛を残す場合はハサミよりヒートカッターを使うことでチクチク防止になります。

全体的に薄くしたい場合、最初の2~3回分は全剃りかつ全照射がおすすめです。

ステップ3:いらない部分を顔用電気シェーバーで剃る

左右対称になるように剃る
長さを整えたら、次は残したいVラインの形の周りを顔用電気シェーバーで剃っていきます。

このとき、Iラインとの境目は凹凸が激しく剃りにくいので肌に沿わせることが大事。

これはVラインの形を作る作業なので、左右対称になるように鏡を見て慎重に処理していきましょう。

サロンに通うならVラインプレートをもらおう

サロンに通って脱毛する方は、Vラインプレートの使用をおすすめします。Vラインプレートとは、好きなデザインの形に切ってVラインに当てるプラスチックのプレートのこと。
脱毛サロンでもらえるので、通う予定の方はぜひ活用してみてください。

Iラインの自己処理方法

Iラインをツルツルにする場合と少し毛を残して整える場合は以下のような人になります。

―Iラインをツルツルにする人―

  •  パイパンにしたい人

―Iラインの毛を残す人―

  •  前から見た時、より自然に見せたい人
  •  割れ目が見えるのが嫌な人

Iラインを全剃りすると、正面から見たときに割れ目が丸見えでVラインだけ浮いたような形に・・・

衛生面的にはツルツルの方がいいですが、より自然な形にしたい人はIラインを少し残すのがおすすめです。

参照:脱毛に関係するIラインとは何?基礎知識を徹底解説!

Iラインをツルツルにするやり方

ステップ1:毛が長い場合は1~1.5cmまでカットする

1.5~2cmまで剃る
Iラインの毛はVラインよりも短いですが、気になる場合はハサミでカットしましょう。

ケガすると大変なので、刃は粘膜の方に向けずに毛を1cm以上残してカットしてください。

ステップ2:顔用電気シェーバーで全体を剃る

電動シェーバーで剃る
長さを整えたら顔用電気シェーバーで剃っていきます。

この時は前に鏡を立てて座った状態で処理するのがおすすめ。

Iラインは皮膚が薄く、たゆんでいるので引っ張って安定させると処理しやすいです。

またIラインは粘膜に近いので、なるべく地肌からシェーバーの刃を浮かせる感じでやさしく剃りましょう。

Iラインの毛を残すやり方

ステップ1:毛が長い場合は1.5~2cmまでカットする

ヒートカッターで1.5~2cmにカット
好きな形にする時は、ツルツルにする時より少し長めの1.5~2cmまでカットします。

ツルツルにする時と同様に粘膜の方にヒートカッターやハサミを向けないように注意しましょう。

ステップ2:顔用電気シェーバーでいらない部分を剃る

3分の1を残して剃る
毛の長さを整えたら、次は残さない部分を顔用電気シェーバーで剃っていく工程。

Iラインの前方を3分の1ほど残すときれいな形になります。

Vラインから繋がって徐々に細くしていくイメージで剃ると綺麗です。

皮膚を引っ張って安定させながら前方の毛だけ残して剃りましょう。

Oラインの自己処理方法

Oラインは肌の表面の凹凸が激しい上に、自分で見るのが難しい位置にあります。

そのため自己処理はあまりおすすめしませんが、お手入れするなら以下やり方がベストです。

ステップ1:剃る前に体勢を決める

」どちらの体勢で剃るかを決める
Oラインを処理するときは鏡を下に置き、鏡をまたぐ感じで腰を下げると剃りやすいです。

この体勢がキツい人は椅子に鏡を置いて、椅子に足をかける体勢で処理しましょう。

ステップ2:顔用電気シェーバーで全体を剃る

肌を平にしながら剃る
Oラインは凸凹が激しいので肌を引っ張って処理するといいです。

肌を傷つけないように、毛の生え方に沿って電動シェーバーで剃っていきましょう。

剃り終わったらしっかり保湿して自己処理完了になります。

脱毛サロンならOラインは無料シェービングしてくれることも多いため、難しいと感じたら脱毛サロンスタッフに相談してみてくださいね。

VIO自己処理での心配事しっかり解決します!

自己処理したあとのチクチクとした痒みや、色素沈着による黒ずみなど、自己処理後のお悩みもたくさんあるのがVIOの自己処理の難しいところですよね。

そこでここからはVIOの自己処理でよくあるトラブルと、その解決方法についてご紹介いたします。

参照元:デリケートゾーンの黒ずみを解消するには?原因と黒ずみケアの方法を徹底解析

Q:自己処理すると黒ずみができるって本当?

VIOは肌が薄く、自己処理を繰り返すと黒ずみができやすいです。

そのため、VIOを手入れするならサロンやクリニックで脱毛することをおすすめします。

どうしても自己処理で済ませたい人は肌を傷つけないこと保湿することが大事です。

現時点で黒ずみが気になっている人は、デリケートゾーン用の黒ずみクリームを使用しましょう。

VIOの黒ずみケア専用クリームでオススメなのは?

イビサクリームのバナー

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみケア専用に開発されたクリームです。

メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸と、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸という2つの有効成分が配合されています。

またヒアルロン酸をはじめとする8種もの保湿成分もたっぷり含まれているので、自己処理で傷ついてしまった肌の乾燥を防いでくれます。

通常価格は7,000円ですが、公式サイトから購入すれば最大30%OFFの4,900円とお安く購入できるので是非チェックしてみてください。

クリックはこちら
イビサクリームの詳細はこちらイビサクリームの公式ページに移動します

Q:処理した後のチクチクはどうしたらいいの?

自己処理後にVIOがチクチクする原因で考えられるのは以下の3つ。

  •  下着との摩擦が起こる
  •  毛の先端が肌に当たる
  •  肌が傷ついている/敏感になっている

解決する方法としては、ゆったりした下着を履くこととよく保湿することです。

短くなった毛の先端が肌に当たるのは仕方ないので、なるべく肌を乾燥から守りVIOを押さえつけないことが大事。

また、あまりにもかゆすぎる場合は保冷剤をタオルで巻いて患部を冷やしましょう

Q:除毛クリーム・ブラジリアンワックスを使うのはだめなの?

以下の3つは脱毛前の自己処理なら使用NG

  •  除毛クリーム
    ⇒刺激が強すぎるため、どんな時もNG
  •  ブラジリアンワックス
    ⇒刺激が強すぎる/毛根から抜くためNG
  •  毛抜き
    ⇒毛根から抜くためNG

▼除毛クリームでVIOを永久脱毛しようとしている人は以下をチェック!

【医師監修】除毛(脱毛)クリームで永久脱毛はできない!確実に永久脱毛する方法を教えます!

【医師監修】除毛(脱毛)クリームで"永久脱毛"はできない!確実に永久脱毛する方法を教えます!

2020.05.13

ただ脱毛クリームに関しては、かなり刺激が強くVIOの処理自体に向いていないので、どんな場合でも使用しないでください

そもそも上記3つの処理方法は刺激が強く、毛嚢炎埋没毛の原因になる可能性があるのでVIOの自己処理には向いていません。
※毛嚢炎:毛包に細菌が感染して炎症を起こしている状態
※埋没毛:皮膚内で発毛・成長してしまった毛のこと

VIOの自己処理方法のおさらい

VIOはデリケートなのでやり方を間違えると大変なことになります。
そんなことになる前に、VIOそれぞれの自己処理方法を復習していきましょう。

VラインIラインOライン
  •  体勢:安定したところに座る
  •  注意点:後悔しないデザインを選ぶ
  •  コツ:毛を上に引っ張りながら切る
  •  体勢:鏡を前に立ててM字に脚を開いて座る
  •  注意点:刃を粘膜の方に向けない
  •  コツ:粘膜付近はシェーバーを浮かせて剃る
  •  体勢:鏡を下に置いて鏡をまたいで立つor鏡を椅子に置いて椅子に足をかけて立つ
  •  注意点:毛の生え方に沿って剃る
  •  コツ:周辺の皮膚を引っ張りながら剃る

VIOは自己処理の頻度が多いほど肌荒れ肌の乾燥がひどくなってしまうこともあります。

特にVIOはデリケートなのでサロンクリニックで脱毛した方が安心なのは確かです。

「VIO脱毛も検討してみようかな…?」と思ったら、以下ページも併せてチェックしてみてくださいね。

\VIO脱毛の基礎知識を徹底解説!/

VIOの基本情報まとめ

【VIO脱毛の基礎知識】後悔しない?形(デザイン)や自己処理の方法、料金相場まで紹介

2019.04.22

VIO脱毛におすすめなサロン・クリニックも紹介しています

▼脱毛サロンでVIO脱毛するならストラッシュ(回数無制限で110,980円です)

ストラッシュVIO脱毛の料金・効果はいかに?痛みや範囲まで大公開!

ストラッシュVIO脱毛を大公開!料金・効果はいかに?痛みや範囲まですべて解説します

2020.04.17

▼医療脱毛でVIO脱毛するならGLOWクリニック(5回で80,000円です)

/

GLOWクリニック脱毛予約方法|カウンセリングと施術予約・変更キャンセルまで解説します!

2020.04.17

\VIO脱毛のおすすめサロン・クリニック6選を見る!/

VIO脱毛のおすすめはどこ?

VIO脱毛はどこがおすすめ?料金が安い医療脱毛のクリニックを調査!

2020.05.15