【医師監修】永久脱毛の定義とは”一生ムダ毛が生えてこない”じゃない!再生率20%以下の医療脱毛のこと

【医師監修】永久脱毛の定義とは”一生ムダ毛が生えてこない”じゃない!再生率20%以下の医療脱毛のこと

永久脱毛というと「一生毛が生えてこない状態」だと思う方がほとんどなのではないでしょうか。

しかし実際は「脱毛して一定期間が過ぎたあと、70%~80%の毛がなくなっている状態」であれば永久脱毛だと定められます。
本記事では永久脱毛の定義とは何か、どんな脱毛方法なら永久脱毛になるのか、永久脱毛の痛みや回数はどのくらいになるのか、といった疑問を徹底調査しました。

このページを読んで、永久脱毛に関する基礎知識をしっかり学んでいきましょう。

そもそも永久脱毛は「一生毛が生えてこない」ことではない

冒頭でもお伝えした通り、永久脱毛と言っても「死ぬまで毛が生えてこない」というわけではありません。

私たちが一般的に使う「永久脱毛」という言葉は、実はアメリカの団体や機関によって定義づけされているものです。

完全に毛がなくなり、一生毛が生えてこなくなる脱毛方法はまだ確立されていないのです。

永久脱毛の定義とは

永久脱毛とは、アメリカの2つの団体から以下のように定義付けられています。

  •  米国電気脱毛協会(American Electrology Association)
    ⇒最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下の状態
  •  米国FDA(Food&Drug Administration)
    ⇒3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(2/3)以上の毛が減っている状態

『永久脱毛=100%ムダ毛がなくなる』というワケではないということが分かりますね。

次で詳しく解説しますが、上記の定義から一般的には医療脱毛とニードル脱毛を「永久脱毛」と呼んでいます。

永久脱毛と言えるのは医療レーザー脱毛とニードル脱毛

永久脱毛として認められているのは医療レーザーとニードル脱毛だけ。

  •  医療レーザー脱毛
    …レーザーの光で毛乳頭を破壊して毛を抜く方法
    ※毛乳頭:毛を作り出す細胞に栄養を与え、毛を成長させる部分
  •  ニードル脱毛
    …毛穴に針を刺し、電流を流して1本ずつ毛を抜く方法

永久脱毛というのは医師法17条の医業に該当し、医療行為にあたるため、医療機関でしか行ってはいけないと厚生労働省が回答しています。

 

毛乳頭を破壊できる出力で照射するのは医療行為なので、たとえ医療レーザーでなくても、脱毛サロンがそのレベルの出力で脱毛するのは違法。医師以外が医療行為を行うことも法律違反になります。

 

つまり脱毛サロンで「永久脱毛できる」と言って施術を行うことはできないのです。もちろん家庭用脱毛器や除毛クリームで永久脱毛できると宣伝するのもNG。

本当に永久脱毛するなら医療レーザー脱毛かニードル脱毛かを選ぶ必要があります。

 

サロンの脱毛は「減毛・抑毛」に近い

脱毛サロンは医療機関のレーザー脱毛と違って、照射できる出力(パワー)の上限が定められています。

なので、毛根から毛が抜ける「脱毛」よりは「減毛・抑毛」に近いイメージ。

ただサロンでも10回以上の回数を重ねれば、永久脱毛に近い「長期間ムダ毛が生えてこない状態」にすることは可能です。

レーザー脱毛が永久脱毛できる仕組み

レーザー脱毛は毛根にある 毛乳頭を破壊 して脱毛する仕組み。

一般的な脱毛の照射の仕組み:毛根に照射の光が行く

脱毛サロンも同じ仕組みですが、医療レーザーは照射レベルを高く設定できるため、毛根の奥までしっかり刺激が伝わります。

照射を数回重ねていくうちに、どんどん毛根を弱らせ 最終的にはほぼ生えてこなく するイメージですね。

脱毛サロンに比べると、半分以下の回数・期間でツルツルな状態にすることが可能です。

米国FDAが認めるレーザー脱毛機は2つ

米国FDAが定める「3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(2/3)以上の毛が減っている状態」の定義を満たすのは、「ジェントルレーズ」と「ライトシェア・デュエット」の2つです。

特徴ジェントルレーズライトシェア・デュエット
毛根"仕組み【ショット式】
照射と同時に肌を冷やす
【ショット式】
肌を冷却&吸引する
財布料金相場(全身5回)300,000円330,000円
バンザイ女性効果1回で実感2~3回で実感
カミナリ痛み少し痛いほぼ無痛
~少し痛い
虫眼鏡産毛効果なしあり
キラキラ美肌効果ありなし

特徴の異なる2つの脱毛機ですが、共通しているのはショット式であること。
 高い出力のレーザー を発射して集中的にダメージを与えます。

多くのクリニックで導入されているジェントルレーズはとりわけ効果が高いのが魅力。
一方でライトシェア・デュエットは、永久脱毛が期待できるにも関わらず痛みが少ないです。

日本の厚生労働省が認可した脱毛機

  •  ジェントルレーズプロ
    ⇒ジェントルレーズの最新版
  •  ジェントルマックスプロ
    ⇒ジェントルレーズプロに「YAGレーザー」を搭載

上記の2つの脱毛機は、日本で初めて”医療レーザー脱毛”の効能で 厚生労働省から薬事承認 を取得しています。

まだ導入院数が少ないためクリニックを紹介できないのが残念ですが、これから続々と増えていく予定です。

【レジーナクリニック】永久脱毛認可のジェントルレーズ使用

レジクリ_バナー
  •  厚生労働省が永久脱毛の効果を認めた脱毛機ジェントルレーズを使用!
  •  最短8ヵ月で脱毛が完了!
  •  全身脱毛5回が189,000円、月々6,300円で通える!

永久脱毛が認められているジェントルレーズ採用のクリニックでおすすめなのはレジーナクリニック。

料金も比較的安く、 全身脱毛5回が189,000円 、分割すれば月々6,300円と非常に通いやすい値段になっています。

1ヵ月半に1回のペースで通えるため、5回プランなら最短8ヶ月という早さで全身脱毛が完了します!

永久脱毛を目指すなら 安くて早く 脱毛を卒業できるレジーナクリニックがおすすめです。

レジーナキャンペーン2

クリックはこちら
月々6,300円で永久脱毛スタート!照射パワーの強い脱毛機で最短8ヵ月の永久脱毛

【リゼクリニック】自分の肌に合った脱毛が出来る!

rizeclinic1.jpg

 

  •  永久脱毛が目指せるジェントルレーズを使用
  •  3種類の脱毛機を完備しているから効果のある脱毛が出来る
  •  全身脱毛5回が月々12,400円で通える
  •  5年の有効期間があるから自分のペースで通える

リゼクリニックでは、永久脱毛に効果的なジェントルレーズはもちろんのこと、他の脱毛機も完備しているため 患者さんに合わせた脱毛方法を提案します。 

また、5回の施術で足りなかった場合の追加料金も、単発1回の通常価格より半額以上安い料金で脱毛が出来るのでおすすめです。

リゼクリニックが気になる!という人は、ぜひ無料カウンセリングを受けて下さいね。

リゼクリニックキャンペーン

クリックはこちら
無料カウンセリングはこちらリゼクリニックで効果のある脱毛!

ニードル脱毛が永久脱毛できる仕組み

二―ドル脱毛は針脱毛とも呼ばれ、毛穴に針をさして 毛根に電流を流す 手法。
1本1本を確実に抜くことができます。

ニードル脱毛:毛穴に針を刺して電流を流し、脱毛する

ただレーザー脱毛より時間がかかるので、部分的な永久脱毛におすすめ。

ニードルだけで全身脱毛しようとすると、何十回も通わなければなりません。

ニードル脱毛はサロンやレーザー脱毛の仕上げとして利用するのが一般的です。

やっぱり痛い?永久脱毛の痛みについて

永久脱毛の痛みは毛の太さによって少し変わります。

毛の太さレーザー脱毛ニードル脱毛
普通の毛
手足など
チクっとする痛い
太い毛(剛毛)
脇・VIOなど
痛いかなり痛い
細い毛(産毛)
顔・背中など
ほぼ痛くない痛い

ニードル脱毛の方が圧倒的に痛いですが、中でもワキやVIOといった剛毛は冷や汗レベルの痛さです。

毛が太いほど毛根に根付く力が強いので、その分脱毛するときに感じる痛みも強くなります。

医療機関であれば麻酔もできますが、二ードル脱毛はやはり数回レーザーやサロン脱毛をした後が好ましいですね。

 

レーザー脱毛も痛みは生じますが、痛みを感じやすいワキ・VIOは1分もせずに終わるほどスピーディー。

剛毛部分をガマンできれば、そこまで心配する必要はないでしょう。

永久脱毛は何回で終わる?
かかる費用・回数・期間を解説

実際に永久脱毛するときにかかるお金や時間について、ここではレーザー脱毛の場合を解説します。

脱毛範囲回数費用期間
全身8回40万円16ヶ月
8回4万円16ヶ月
VIO7回4万円14ヶ月
ワキ7回3万円14ヶ月
足全体6回8万円12ヶ月
腕全体6回6.5万円12ヶ月

全身なら 8回で脱毛完了 です!

足や腕など一番レーザーに反応しやすい部分脱毛なら6回で完了できるでしょう。

 

以下、ニードル脱毛のみの場合ですが、料金面からみてあまり現実的ではありません。

ニードル脱毛は1本1本根っこから抜く方法なので、一度抜いた毛は生えてきません。
ですが1回の来店で施術できるのはせいぜい200本程度です。

最初からニードル脱毛で永久脱毛するのではなく、レーザー脱毛と併用しながら進めるのがオススメです。

まだまだ気になる!
永久脱毛にまつわる4つの疑問

永久脱毛しても生えてくるの?

永久脱毛してからも毛が生えてくる可能性はあります。

永久脱毛は定義の部分でも解説したように、「死ぬまで毛が生えてこなくなる」ものではないのです。

ただ毛の 再生率は限りなく0%に近づく ので、通い終えた後にムダ毛で悩まされることはないでしょう。

何歳から永久脱毛できる?

永久脱毛できる年齢はクリニックによって異なりますが、ほとんどが18歳以上であればOK。

18歳未満はまだホルモンバランスが不安定な年代です。

施術による肌トラブルをさけるためにも、クリニックが指定する年齢制限に従いましょう。

永久脱毛すれば毛穴はなくなる?

永久脱毛に限らず、脱毛するほど毛穴は小さく目立たなくなります。

その理由は脱毛して毛が抜けると、毛穴がキュッと引き締まるから。

特に永久脱毛は1回ごとのパワーが高いので、毛穴の変化もテキメンに実感できます。

永久脱毛クリームって効果あるの?

そもそも「永久脱毛ができるクリーム」というのは存在しません。

抑毛や除毛を目的とするクリームはありますが、それでも永久脱毛レベルの効果はナシ。

永久脱毛するなら医療機関に通って医師の脱毛施術を受けましょう。

永久脱毛の基礎知識まとめ

医療機関でないとできない永久脱毛。あらためて内容をまとめておきましょう。

永久脱毛①医療レーザー脱毛

  •  仕組み:レーザー光線で毛を抜く
  •  効果:8~10回で永久脱毛
  •  痛み:チクっとする~痛い
  •  相場:全身完了(10回)40万円

 

永久脱毛②ニードル脱毛

  •  仕組み:毛穴に針を刺して1本ずつ抜く
  •  効果:1回でかならず抜ける
  •  痛み:痛い~かなり痛い
  •  相場:ワキ完了80万円
    ※レーザーと併用がおすすめ

永久脱毛するとなったら、 まずはレーザー脱毛から 始めるのがベター。

より完璧な永久脱毛を目指すなら、ニードル脱毛で気になる毛をピンポイントに抜くのがおすすめです。

この記事の監修医師

瀧川恵美先生

瀧川たきかわ 恵美めぐみ先生

形成外科・美容外科医

2013年 医学博士取得。

2015年 新東京クリニック
美容医療・レーザー治療センター長に就任。

スポンサーリンク