【医師監修】埋没毛って自分で治せる?埋もれ毛の原因や治し方・予防方法まとめ

【医師監修】埋没毛って自分で治せる?埋もれ毛の原因や治し方・予防方法まとめ

自己処理後に肌の下に埋まっている毛”埋没毛”と呼ばれています。

埋没毛の原因は間違った自己処理方法も原因です。埋没毛に悩んでいる人は、自己処理方法を見直すことで埋没毛を予防できます。

今回は埋没毛の原因や治し方、対策方法について紹介します。

埋没毛にオススメの脱毛サロン・医療脱毛クリニックも紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

この記事の監修医師

瀧川恵美先生

瀧川たきかわ 恵美めぐみ先生

形成外科・美容外科医

2013年 医学博士取得。

2015年 新東京クリニック
美容医療・レーザー治療センター長に就任。

埋没毛ができる原因は?

埋没毛とは皮膚に埋もれた毛

埋没毛とは、毛穴に埋まったまま成長してしまった毛です。埋没毛は、主に間違った自己処理方法が原因です。

間違った自己処理を行うと乾燥やカミソリ負けにより肌や毛穴にダメージを与えます。
それによって肌のターンオーバーのサイクルも乱れ、角質層がだんだん分厚くなっていきます。

角質が分厚くなると毛穴がふさがった状態になるため、毛が表面に出てこれず皮膚の下で成長し埋没毛になってしまいます。

~原因となる自己処理2パターン~

  1.  間違った自己処理方法で毛穴を傷つけた
  2.  自己処理のしすぎで肌が乾燥

埋没毛の原因となる自己処理方法を、一つずつ解説していきます。

原因1:間違った自己処理で毛穴を傷つけ埋没毛に

埋没毛の原因1

カミソリや毛抜き(orブラジリアンワックス)で行う自己処理は、埋没毛の原因となるので注意が必要です。

カミソリによる埋没毛の原因

カミソリでの自己処理方法は肌が乾燥しやすく、傷つけやすいので埋没毛になるリスクが上がります。

~原因となる剃り方は3パターン~

  1.  深剃り→毛と一緒に皮膚も剃ってしまう
  2.  逆剃り→毛穴が開きやすくなってしまう
  3.  空剃り(素肌に直で剃毛)→皮膚と毛穴が傷ついてしまう

こうして傷ついた肌は、「ケガをした!」と勘違いして角質を厚くして肌を保護しようとします。
まさに擦りむいたときにできるカサブタと同じ状態です。

毛穴がふさがり毛が皮膚の外に出られなくなることで、埋没毛になります。

毛抜き・ワックスによる埋没毛の原因

ムダ毛を毛根から抜いて処理をする毛抜きやブラジリアンワックスも、埋没毛ができる原因の一つです。

毛抜きやワックスは根元から毛を抜くため、毛穴に大きな負担を与えます。
カミソリでの逆剃り・深剃りと同様にカサブタや角質化を起こしてしまい、毛嚢炎の原因につながります。

また毛穴に雑菌が入ってしまうと埋没毛だけでなく、毛嚢炎など別の肌トラブルも起きやすくなるので注意が必要です。

原因2:自己処理のペースが早く肌が乾燥する

埋没毛の原因2

埋没毛は肌の乾燥も原因の一つです。

1日~2日に1回くらいの頻度で自己処理していると、皮膚はどんどん乾燥します

乾燥すると肌が傷付きやすく肌ダメージも大きくなります。
それにより肌のターンオーバーも乱れていくと角質が固くなり、毛が外に出られず埋没毛になります。

肌の乾燥を防ぐためには、3~4日に1回などなるべく自己処理の頻度を控えることが大切です。

しかし自己処理を控えるのは難しい…という人は、脱毛サロン・医療レーザー脱毛クリニックでの脱毛がオススメです。

埋没毛にオススメな脱毛サロン・医療レーザー脱毛クリニック

※以下で紹介しているサロン・クリニックは、医師の監修を元に当サイトの見解でオススメしているサロン・クリニックです。

リゼクリニック|3種の脱毛機を用意!埋没毛に効果的な脱毛施術

リゼクリニックバナー

医療脱毛は脱毛効果が高いため、自己処理の回数をグンと減らし埋没毛のリスクを下げます。

  •  毛質や肌質に合わせて脱毛機を使い分け効果的に施術
  •  医師が常駐しているので埋没毛などの肌トラブルも適切に対応
  •  シェービング代、キャンセル料など無料
  •  施術代が学割で20%OFF、のりかえ割で10%OFF

ひどい炎症になってしまうケースもある埋没毛の処置ですが、リゼクリニックなら医師が常駐しているので万が一の肌トラブルでも安心です。
また、肌質に合わせて脱毛機を使い分けて施術してもらえるので、肌への負担も少なく効率的な脱毛が可能です。

カウンセリングでは無料で脱毛機の照射テストも受けられるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

リゼクリニック

クリックはこちら
無料カウンセリングの予約はコチラ医師常駐のリゼクリニックで安心な埋没毛脱毛を

ストラッシュ|回数無制限プランあり!埋没毛のリスクを軽減

ストラッシュ

ストラッシュには回数無制限プランがあり、満足出来るまで脱毛でき自己処理をとことん減らすことが出来るため埋没毛の改善にオススメのサロンです。

  •  回数無制限プランで自己処理をとことん減らせる
  •  埋没毛が気になる脇やVラインなどパーツ脱毛もオススメ
  •  蓄熱式の脱毛機で痛みが少ない

全身だけでなく以下のようなパーツの部分脱毛も非常にお手頃価格なので、Vラインや脇など埋没毛が出来やすい部位が気になる人にもオススメです。

  •  Lパーツ(腕・足):18回 96,030円
  •  Sパーツ(脇・Vライン):12回 32,010円

またストラッシュが採用している蓄熱式脱毛はじんわりと熱を感じる程度で痛みが少ないので、痛みを感じやすい人も安心して脱毛ができます。

ストラッシュキャンペーン

クリックはこちら
無料カウンセリングの予約はコチラストラッシュの脱毛で自己処理の肌トラブルを軽減!

埋没毛の治し方!出来てしまった埋もれ毛も解決

埋没毛ができてしまったからといって諦める必要はありません。
時間はかかりますが、自宅でも保湿や角質ケアを行うことで埋もれ毛は対処できます。

ただ、完全に埋没してしまうと自分で出すのは困難なので、少しでもはやく改善したい場合は美容外科など外科的処置ができるクリニックに相談してくださいね。

改善方法1:スクラブやピーリングで角質オフ

埋没毛の改善方法1
皮膚の深い部分にできてしまった埋没毛は、スクラブやピーリングで角質除去するのが効果的。

  •  スクラブ:粒子が肌表面の角質をけずる
  •  ピーリング:酸が肌表面の角質を溶かす

どちらも埋没毛に覆いかぶさる古い角質を取り除いてくれます。

使用してすぐ埋没毛が出てくるわけではないですが、「すっぽりと皮膚の中に毛が埋まってしまった……」という人におすすめです。

特にピーリングは毛穴に溜まった汚れを溶かす効果もあり、埋没毛で全体的に黒ずんだ肌へも効果を発揮。

スクラブもピーリングも1~2週に1回くらいのペースで使用し、少しずつ埋没毛までの距離を縮めていきましょう。

ただ、いくら埋没毛を改善できると言っても、角質の取りすぎは肌に悪影響
スクラブのしすぎで必要な角質まで取ってしまうと、乾燥肌や敏感肌、色素沈着を招くリスクがあるので注意しましょう。

改善方法2:肌の保湿を徹底する

埋没毛の改善方法2

「皮膚のすぐ下に埋没毛が見えるのに、なかなか出てこない!」という場合は、徹底的に保湿をするのが最優先です。

入浴後にセラミドやコラーゲンなどの保湿成分が含まれた化粧水や保湿クリームを塗りましょう。

そうすることで肌の再生機能(ターンオーバー)が整えられ、埋没毛が皮膚から出やすくなります。

出てない埋没毛をほじくるのはNG!

「もう少しで出てきそうだから…」と毛穴をほじくり、無理やり出そうとするのは絶対にNG!

保湿後はいじらずに、自然と埋没毛が顔を出すのを待つことが重要です。

改善方法3:蒸しタオルで温め自力で抜く

埋没毛の改善方法3

埋没毛を抜く場合、抜いていいのは毛先が外に出ている毛のみ。
皮膚の外に出ていない毛を無理に引っ張り出して抜こうとしてはいけません。

これまで紹介した方法がどれも効果が現れなかったという場合の≪最終手段≫だと思ってください。

具体的な手順は以下の通りです。

  1.  消毒した毛抜きやピンセットを用意する
  2.  埋没毛の部分を蒸しタオルで2~3分温める
  3.  皮膚から飛び出てる毛だけを慎重に抜く
  4.  しっかりと保湿をし、クールダウンする

ポイントは蒸しタオルでしっかりと毛穴を開くこと。
40~50度くらいのお湯につけて軽く絞り、「少しだけ熱い」くらいの温度がベターです。

しつこいようですが、皮膚に埋もれた状態の埋没毛をえぐって引っ張り出す行為だけは行わないようにしましょう。

改善方法4:サロン・クリニックで脱毛する

埋没毛の改善方法4

どんなにケアをしても繰り返す埋没毛には脱毛サロン・クリニックでの脱毛が最も効果的です。

脱毛の光は毛根に作用するため、皮膚の中に埋まった埋没毛にも効果があります。

-埋没毛が改善するまでの回数・期間-

  •  脱毛サロン
    ≫腕・足:6~9回/14ヶ月~
    ≫脇・Vライン:11~13回/22ヶ月~
  •  医療脱毛クリニック
    ≫腕・足:3~5回/8ヶ月~
    ≫脇・Vライン:5~6回/10ヶ月~
毛がしっかりと生えそろっている脇やVラインはある程度回数を重ねる必要があります。
  •  脱毛サロンなら8~10回
  •  医療脱毛なら5~6回

スタッフさんが肌状態を確認しながらの施術なので、どの方法よりも安心・安全に改善できますよ。

炎症を起こした埋没毛は皮膚科で治療

治療が必要な埋没毛

基本的に自力で治すことができる埋没毛ですが、上の写真のように毛穴周りが炎症を起こした場合は治療が必要です。

無理に自分で対処をすると、悪化して毛嚢炎を引き起こします。※
※毛嚢炎:毛穴に雑菌が入り込み膿んでしまう炎症

さらに毛嚢炎が長引くと色素沈着や黒ずみになってしまう可能性も…。

「埋没毛の量が多すぎて、自分では対応しきれない!」という方も、病院で治療しましょう。

炎症を起こしている場合は保険が適用されますが、炎症を起こしていない場合は自費での診療になるので、気を付けてくださいね。

埋没毛を繰り返さないための予防・対策法3つ

埋没毛を繰り返さないために、重要なポイントを紹介します。
埋没毛にならないように予防・対策をしましょう。

対策1:自己処理の”やり方”の見直し

埋没毛が繰り返しできてしまう人の多くは、間違った自己処理をしている可能性があります。

バスタイムで自己処理しない

水分を含んだ肌は柔らかくなっているため、カミソリなどの刃が深くまで届きやすい状態。

そのためムダ毛を剃ると同時に皮膚も削ってしまうのです。

「いつもお風呂で自己処理してた」という方は、これを機にストップしてみましょう。

カミソリではなく電動シェーバーで自己処理する

電動シェーバーは刃が軽く肌に当たった状態で剃れるので、毛穴をそこまで傷つけません。

対して多くの人が利用するカミソリは、刃全体が肌に直接当たり埋没毛などのトラブルが起きやすいです。

カミソリは自分の力加減でいくらでも強く剃れてしまうので、徹底して埋没毛の対策するなら電動シェーバーを使いましょう。

どうしてもカミソリを使用したい場合
カミソリを使用するときに大切なのは手順です。
  1.  蒸しタオルなどで肌・毛を温める
  2.  シェービングクリームやジェルをつける
  3.  毛並みに沿って剃る
  4.  しっかりと拭き取る・洗い流す
  5.  保湿をする

通常の毛は硬くなっているため、温めて柔らかくした状態が理想。

また刃をダイレクトに肌へ当てて剃るのはダメージが大きいので、ジェルやクリームで肌をカバーしましょう。

これらの点に注意して、自宅でのカミソリを使用してくださいね。

対策2:自己処理後の保湿はしっかり行う

自己処理後のデリケートな肌に水分と油分を補給してあげることで、より埋没毛の発生を防げます。

上の方でも記述しましたが、肌が乾燥していると肌がダメージを受けやすい状態になっています。

ダメージを受けた肌は、埋没毛になるリスクを上げるため保湿をしっかり行うことは大切です。

保湿を行うことで、肌の乾燥を防げ肌ダメージも軽減でき埋没毛を予防できます。

自己処理後はしっかり肌を保湿し、乾燥しないようにしっかりケアしましょう。

対策3:生活習慣の見直し

埋没毛を予防するために、生活習慣を整えて肌のターンオーバーを促進させることも大切です。
※ターンオーバーとは:肌細胞の生まれ変わるサイクルのこと(再生機能)

  •  バランスの良い食事
    →野菜やお肉を食べる/お菓子を食べすぎない
  •  睡眠時間の確保
    →PM22:00~AM2:00の間で7~8時間寝る
  •  適度な運動
    →1日30分程度のウォーキング

上記のように、普段の生活を見直すだけでも肌質は改善され、埋没毛の対策に繋がります。

不規則な生活をしていた方は、まずは食事や睡眠の改善から始めてみましょう。

埋没毛についてもっと知りたい!4つの疑問にお答えします

埋没毛の疑問

Q:埋没毛を放置しておくとどうなる?

ただ単に埋没毛を放置しているだけでは悪化する一方です。

埋没毛が皮膚の中で成長し続けると、周りの肌細胞も傷つけられて炎症を起こします。

いじらないことは大切ですが、毎日の保湿はしっかり行うことは欠かせません。

Q:埋没毛が痛い・痒いのはなぜ?

埋没毛が痛かったりかゆかったりする場合は、毛穴に雑菌が侵入し炎症(毛嚢炎)を起こしている可能性があります。

通常、埋没毛は痛みや痒みなどの症状は現れません。

ただ針や毛抜きで無理に抜こうとすると、皮膚が傷ついて炎症が起こります。

もしも痛みや痒みが伴い、毛穴の周りが赤く炎症している場合はすぐに病院で診察しましょう。

Q:埋没毛とニキビの関係とは?

埋没毛が皮膚の下で成長して毛穴の中を刺激し、炎症を起こすとニキビにつながります。

刺激されて傷ついた肌細胞に雑菌が入り込み、ニキビができてしまうのです。

その場合は、ニキビ用の薬を患部に塗ってケアしましょう。

Q:家庭用脱毛器で埋没毛になる?

家庭用脱毛器をはじめとした脱毛全般で、埋没毛になることはありません。

脱毛というのは肌には直接ダメージを与えず、埋没毛を予防できます。

むしろ、できてしまった埋没毛も脱毛できるので、埋没毛で悩んでる方は「脱毛する」という選択肢もアリですね。

ただし家庭用脱毛器の場合は、サロン・クリニックでの脱毛よりも時間がかかるでしょう。

自己処理方法を見直して埋没毛を予防しよう

埋没毛にならないためには、毎日の自己処理方法を見直すことが大切です。

間違った自己処理は、埋没毛だけでなく毛嚢炎などの肌トラブルの原因につながります。

しかし脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛をすれば、自己処理で起こる肌トラブルを軽減できるので埋没毛に悩んでいる人はぜひ検討してみて下さい。