【医師監修】IPL脱毛の効果・回数はどのくらい?仕組みから特徴までをメリット・デメリットで詳しく解説!

【医師監修】IPL脱毛の効果・回数はどのくらい?仕組みから特徴までをメリット・デメリットで詳しく解説!

光脱毛(フラッシュ脱毛)の一種であり、多くの脱毛サロンで導入されているIPL脱毛。

サロン脱毛の中では効果がトップクラスかつ、肌までキレイにしてくれるというのはご存知でしょうか。

今回はそんなIPL脱毛の仕組みや特徴を、メリット4つとデメリット2つで分かりやすく紐解いていきます。

IPL脱毛の仕組みについて

IPL脱毛とは、照射の光が毛根に作用して、毛の生成を抑える脱毛方法です。

特にメラニン色素によく反応するため、肌を傷つけてしまう心配はありません。

照射の光に反応しやすい太めの毛であれば、施術してから2~3日でポロっと毛が抜けることもあります。

IPL脱毛のスペックを他の脱毛法と比較

サロンで扱われるフラッシュ脱毛には、IPL脱毛の他にも、SHR脱毛やSSC脱毛があります。

項目IPL脱毛IPL脱毛SSC脱毛詳細ページSHR脱毛詳細ページ
仕組み単発式単発式蓄熱式
効果◎3~4日で抜ける〇4~5日で抜ける△即効性なし
美肌効果◎あり〇少しあり〇少しあり
痛み△少し刺激あり
~やや強い
〇少し刺激あり◎強い痛みナシ
産毛×効果なし△ほぼ効果なし◎効果あり
日焼け肌×NG×NG◎OK

他の方法と比べても際立つIPL脱毛の魅力は、3~4日ほどで効果を実感できる点です。
毛をつまんだり、お風呂で体を洗っているときにスルっと抜けます。

サロンに通ったらすぐに脱毛効果を実感したいという人には、IPL脱毛は最適です。
一方でワキやVIOなどの刺激を感じやすい部分には少なからず痛みが生じるのも事実。

効果の即効性よりも痛みのなさ重視の方は、SHR脱毛を選ぶといいでしょう。

IPL脱毛のメリット4つ

すばやく効果を実感!8回もすれば自己処理がラクに

バツグンの照射パワーのIPL脱毛

IPL脱毛の一番のメリットは効果を実感できるまでが早いということ。

効果実感までの回数を表にしてみました。

回数効果の実感
1~2回あまり変化なし
3~5回全体的な毛量が減る
6~8回自己処理がラクになる
9~11回ほぼ自己処理いらず

IPL脱毛の光はフラッシュ脱毛の中でもズバ抜けて強い照射パワーです。
そのため毛根までしっかりと光が当たって、ムダ毛が生えるのを抑制してくれます。

特にハッキリと「毛が抜けた!」と感じられるのはVIOやワキ
太い毛が密集している部分は脱毛器の反応も良く、もっともIPL脱毛の特徴が出やすい場所なのです。

シミや毛穴の悩みも一掃!美肌効果まで期待できる

フォトフェイシャルと同じ光

IPL脱毛機から発せられる光は、美容エステサロンで人気のフォトフェイシャルと同じ光!

このフォトフェイシャルの光が肌表面に当てられることで、さまざまな美肌効果を発揮します。

  •  メラニンの生成を抑制
    →シミやくすみを防いで美白に
  •  肌内部のコラーゲンを生成
    →毛穴を引き締める
  •  肌のターンオーバーが整う
    →シミ・そばかす・ニキビ跡を薄くする

高い脱毛効果がありながら、これだけの美肌効果があるというのはまさに一石二鳥。
「せっかくサロンに通うなら、肌もよりキレイにしたい!」という女性に嬉しいポイントでしょう。

ヤケドの心配ほとんどナシ!肌トラブルなく脱毛できる

ヤケドの心配がないIPL脱毛

IPL脱毛は照射の光をまんべんなく拡散させる仕組みです。

そのため一点に熱が集中せず、ヤケドをしてしまう恐れがありません

つまりIPL脱毛は、施術中に心配されがちな”熱による肌トラブル”の心配がない安全性の高い脱毛と言えます。

ただし敏感肌の方や生理前の肌状態の場合は注意が必要です。
その場合はIPL脱毛であっても、皮膚温度の上昇によってヤケドする可能性があるので気を付けてください。

照射口の広さがカギ!短い時間で施術が完了

照射口の広さがカギ

IPL脱毛の照射口はおよそ2cm×5cmの大きさなので、一回の施術時間も短く終わります。

あまりピンと来ないかもしれませんが、例えば片ワキなら2~3ショット(1分もしないくらい)で収まる広さ…!

もちろんIPL脱毛はワキなどの狭い範囲だけでなく、背中やお腹、全身など広範囲を時短で脱毛したい人には特におすすめです。

IPL脱毛のデメリット2つ

産毛や白髪などの薄い毛にはそれほど効果ないかも

産毛白髪への効果はない
冒頭の方でもご紹介したように、IPL脱毛は色素がしっかりある濃い毛ほど作用しやすいです。

そのため色の薄い産毛・白髪にはそれほどの効果は期待できません。

効果が全くないわけではないですが、産毛までスッキリさせるには15回以上は通う必要があると思っておきましょう。

日焼け肌・地黒肌は要注意!濃い肌色だと脱毛できない

日焼けや地黒ヤケドに注意

IPL脱毛では日焼け肌・地黒肌などの色素が濃すぎる肌の脱毛はできません。

なぜならIPL脱毛の光は黒い色により強く反応するから。

つまり毛に到達する前に、肌の黒い色に反応してヤケドなどの肌トラブルを起こします。

IPL脱毛についてもっと知りたい!4つの疑問にお答えします

IPL脱毛で永久脱毛は可能?

IPL脱毛をはじめとした光脱毛では永久脱毛はできません。

解説をもっと読む

毛根にバチっとダメージを与える永久脱毛は医療行為。
なので医療機関であるクリニックのレーザー脱毛でないとできないのです。
参考ページ”永久脱毛”の定義とは?一生ムダ毛が生えてこない?値段・回数・期間までじっくり紐解きます

ただIPL脱毛でも回数を重ねることで、永久脱毛に近い効果は実感できます。

「完璧な永久脱毛でなくてもいい!」という方なら、IPL脱毛でも充分満足できるでしょう。

妊娠中にIPL脱毛しても大丈夫?

妊娠中に脱毛するのはどの方法であってもNGです。

解説をもっと読む

理由としては、母体や赤ちゃんに何か影響が出てしまうリスクがないとは言えないから。
実際どのサロンも妊娠中の脱毛はお断りしています。

また妊娠中はホルモンバランスが乱れているため、ムダ毛が増えやすいのも事実。

しっかり脱毛効果を得るためにも、出産を終えた万全な身体で臨むのがいいでしょう。

どのくらいの頻度・間隔で通うの?

IPL脱毛は2~3ヶ月に1回のペースで通うのが一般的。

解説をもっと読む

なぜなら毛の生え変わるサイクル「毛周期」に合わせて通う必要があるからです。
※IPL脱毛の光に反応する毛が生えそろうまでの期間が2~3ヶ月ごとのペースなのです。

確実にムダ毛をなくすためにも、毛周期に合わせてサロンに通いましょう。

IPL脱毛とレーザー脱毛との違いは?

IPL脱毛は毛根に特殊な光を当てて、毛の再生力を弱めるという仕組み。
どちらかと言うと減毛・抑毛に近い状態ですね。

解説をもっと読む

それに対して医療レーザー脱毛は毛根そのものを壊すことで、非常に高い脱毛効果を得られるのがポイント。

ムダ毛に光を当てるという流れは同じですが、出力パワーの強さや毛根への作用の仕方が違いになります。

IPL脱毛を導入しているおすすめ脱毛サロン

IPL脱毛を導入しているおすすめの脱毛サロンを紹介します。

キレイモ|月々6,900円からスタート!

キレイモは全身脱毛が月額6,900円でスタートできる脱毛サロン。通い始め1カ月間は0円なので、すぐにお金を用意できなくても大丈夫です。

初期費用を抑えて全身脱毛したい方はもちろん、「徹底的にムダ毛をなくしたい!」「結果的に安く全身脱毛を終えたい!」という方にピッタリですよ。

キレイモキャンペーン

クリックはこちら
月々6,900円から全身脱毛!キレイモ無料カウンセリング予約はコチラから!

銀座カラー|全身脱毛が月額3,000円!

銀座カラー

銀座カラーでは全身脱毛が月額3,000円とお手ごろ価格でできます。

初回に6回分の予約がまとめて可能なので、予約が取れるか心配する必要がありません。

6回分まとめて予約を取りたい場合は、事前に伝えておきましょう!

「効果の高いIPL脱毛で全身スタートしたいけど、まずは少ない回数から」とお考えの方には非常におすすめなサロンです。

クリックはこちら
月々3,000円から手軽に全身脱毛!銀カラ無料カウンセリング予約はコチラから!

IPL脱毛についてまとめ

以上、IPL脱毛についての解説でした。

最後にIPL脱毛の一番の魅力でもある脱毛効果を中心に特徴をまとめておきましょう。

~効果実感の変化~

  •  3~5回(6ヶ月~1年)
    ⇒全体的な毛量ダウン
  •  6~8回(1年~1年6カ月)
    ⇒自己処理が楽チン
  •  9~11回(1年6カ月~2年)
    ⇒ムダ毛がほぼゼロ

~その他の特徴~

  •  フォトフェイシャルの光を発射
    美肌・美白効果もあり
  •  照射と停止を交互に繰り返す
    高温でのヤケドを防ぐ
  •  照射口が2cm~5cmと広い
    施術時間が短くて済む

サロン脱毛の中でとりわけ即効性のあるIPL脱毛。
特に施術してから3~4日で毛の抜ける実感があるのは嬉しいですね。

脱毛効果の高さだけでなく美肌効果や肌への安全性など、メリットが豊富な光脱毛でした。

クリニックのレーザー脱毛には手が届ないけれども脱毛効果は確実にほしいという人や、ムダ毛がなくなるのと同時に美肌効果がほしいという人には、ピッタリの脱毛方法といえるでしょう。

この記事の監修医師

瀧川恵美先生

瀧川たきかわ 恵美めぐみ先生

形成外科・美容外科医

2013年 医学博士取得。

2015年 新東京クリニック
美容医療・レーザー治療センター長に就任。